板金工事業とは?

板金工事業とは、金属板を切削、曲げ、加工、接合などを行い、
建築物や自動車、機械などの部品や外装、装飾などを製造する業種のことを指します。

主な製品には、屋根や外壁の材料、車体パネル、機械部品、鋼製家具などがあります。

具体的には、以下のような業務を行います。

  1. 金属板の切断、曲げ、パンチング、プレス加工などの板金加工
  2. 金属板の溶接、リベット留め、接着などの接合加工
  3. 研磨、塗装、表面処理などの仕上げ加工
  4. 設計、製図、製品の検査、品質管理などの業務

板金工事業者は、金属板の加工技術や設計力、製図能力、品質管理能力を持ち、
お客様のニーズに合わせた製品の製造に貢献しています。

建築物の屋根や外壁、自動車のボディパネル、機械部品など、
多様な用途で利用される板金製品は、様々な形状や材質、寸法などに対応する必要があり、
高度な技術と設備が必要とされます。

板金工事業者は、高品質な製品を提供するため、最新の技術や設備を導入し、
製品の品質や生産性を向上させる努力をしています。

建築物における板金工事業では、外壁や屋根のカバー、窓枠、ドア、排水管、
換気口、樋などの設備部品の製作・取り付け・修理を行います。

また、雨漏りや風雨による被害を修理するため、
既存の建物のメンテナンスも行います。

車両や機械における板金工事業では、車体やエンジンルームの外装、床下カバー、
ドア、ボンネット、フレーム、バンパー、タンクなどの製作・修理を行います。

また、加工精度や外観の美しさが求められる場合もあり、高い技術力が求められます。

板金工事業者は、建築物や車両、機械などの要件に応じて、
適切な材料の選定や加工方法を選びます。

また、材料の在庫管理や加工工程の管理、施工中の安全管理なども重要な役割です。

板金工事業は、建築業や自動車整備業、機械加工業などと
密接な関係があり、需要が高い業種です。

さらに、建築物や車両、機械の機能性やデザイン性が求められる現代社会においては、
板金工事業者の技術力や創造力がますます重要視されるようになっています。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. タイル・レンガ・ブロック工事業とは?

  2. 土木工事業とは?

  3. 熱絶縁工事業とは?

  4. 造園工事業とは?

  5. とび工事業とは?

  6. 大工工事業とは?

SNSで随時情報更新中!