舗装工事業とは?

舗装工事業とは、道路や駐車場などの路面を舗装するための工事業務を行う業種のことを指します。

道路や駐車場などは、そのままの状態だと荒れていて乗り心地が悪く、
車輌の通行にも支障があるため、アスファルト舗装やコンクリート舗装を行って整備します。

舗装工事業者は、道路の計画から施工、完成後のメンテナンスまで一連の流れを担います。
具体的には、以下のような業務を行います。

  1. 地盤調査:舗装を行う前に、地盤の状況を調べます。地盤が軟弱な場合は、補強工事を行う必要があります。
  2. 設計:地盤の調査結果に基づいて、舗装の厚さや材質、施工方法を決定します。また、道路の構造や排水設備の設置なども含めた設計を行います。
  3. 舗装材料の調達:アスファルトやコンクリートなどの舗装材料を調達します。
  4. 舗装工事の施工:調達した舗装材料を現場に搬入して、アスファルトやコンクリート舗装を行います。また、舗装後には、標識や路盤の整備なども行います。
  5. メンテナンス:完成後も定期的な点検と補修を行い、長期的なメンテナンスを行います。

舗装工事業は、国や自治体の道路整備や民間企業の駐車場整備など、
さまざまな分野で需要があります。

また、近年では、地球温暖化対策の一環として、CO2排出量の削減を目的とした、
環境にやさしい舗装材料や、熱を蓄えにくい白色アスファルトなどが開発されており、
舗装工事業者は、新しい技術や素材の導入にも注力しています。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. 浚渫(しゅんせつ)工事業とは?

  2. 管工事業とは?

  3. 造園工事業とは?

  4. とび工事業とは?

  5. 鉄筋工事業とは?

  6. 左官工事業とは?

SNSで随時情報更新中!