解体工事業とは?

解体工事業とは、建物や構造物などを解体するための業務を行う業界です。
建物の老朽化や取り壊し、再開発、用地の有効活用などの需要があり、
そのために解体工事業者の需要も高まっています。

一般的な建物の解体工事では、まずは建物内部の設備や家具などの撤去作業が行われます。
その後、解体する部分を仮囲いするために足場やシートを設置し、解体作業に入ります。

解体の方法には、クランプトラックやショベルカーなどの大型機械を用いる場合や、
手作業で解体する場合があります。



解体が完了した後には、残った鉄骨やコンクリートなどの建材の運搬や処理も行われます。

近年、地震や台風などの自然災害の発生により、建物の安全性や防災性が
求められるようになっています。

そのため、解体工事業者には解体時の安全性や環境保全などへの対応力が求められています。
また、近隣住民や周辺施設に対する配慮や、解体後の土地の利用計画などにも対応する必要があります。

解体工事に関する法令としては、建築基準法や建築物解体工事規則、
環境保全法、産業安全保健法などがあります。

これらの法令を遵守することが解体工事業者に求められます。

また、解体工事業者は解体工事の計画や実施方法の提案、予算管理、
工程管理などを行うため、プロジェクトマネジメントスキルやビジネススキルも必要です。

一方、解体工事に必要な資格としては、建設業界共通の技能士資格である
「解体工事施工技能士」があります。

この資格は、建物解体工事の計画や設計、施工、管理に関する知識や技術が
あることを認定するもので、建設業界でのスキルアップや技術者の育成に役立つ資格とされています。

また、解体工事においては特定の機械や重機を使用する場合があるため、
高所作業や建物の構造に関する知識だけでなく、重機や専門機器の運転技術が必要とされます。

一般的に使用される解体用機械には、ショベルカー、ブレーカー、クレーン、
ダンプカーなどがあります。

これらの機械を正確に操作するためには、専門の資格や免許が必要となります。

例えば、ショベルカーの運転には特別な重機免許や運転技能講習の修了が必要となります。

また、解体工事においては、安全に作業を行うための知識と技術も必要とされます。

解体現場では、危険な作業が多く、事故が発生しないようにするために、安全対策が重要視されます。安全管理には、法律に基づく安全対策、現場での安全管理、作業員の教育や訓練などが含まれます。

また、近年では、解体工事において、環境保護に配慮した取り組みが
求められるようになってきています。

例えば、古い建物の解体時には、アスベストや有害な化学物質が含まれている場合があり、
それらの取り扱いにも専門的な知識が必要です。


また、解体作業の際に発生する廃材の処理にも配慮が必要となります。
以上のように、解体工事には、高い専門知識と技術が必要とされます。

作業員や現場管理者がそれぞれの役割を十分に理解し、
安全・環境保護に配慮した作業を行うことが求められます。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. 足場工事業とは?

  2. 塗装工事とは?

  3. 浚渫(しゅんせつ)工事業とは?

  4. とび工事業とは?

  5. 鋼構造物工事業とは?

  6. 消防施設工事業とは?

SNSで随時情報更新中!