設計職とは?


設計職は、建築や土木工事などの建設分野において、
建築物や施設などの設計を行う職種のことを指します。

建築設計や土木設計、機械設計、電気設計、情報設計など、専門的な分野があります。

設計職の主な業務は、クライアントからの要望やニーズをヒアリングし、
それに合わせた設計プランを立案することです。

具体的には、以下のような業務が挙げられます。

  1. 建築設計 建築物の外観や内部空間、構造、設備などを設計することが主な業務です。
    建築家やインテリアデザイナーと協力し、クライアントの要望を反映させたデザインを
    提案します。建築設計には、3D CADを使ったモデリングや建築模型の制作も含まれます。

  2. 土木設計 道路、橋、ダム、トンネルなどの土木工事において、施工に必要な図面を作成します。
    地盤調査、地形や地質の把握、河川や海岸線の水文地形分析などのデータをもとに、
    安全かつ効率的な設計を行います。

  3. 機械設計 工場やプラント内の機械設備や生産ラインの設計を行います。
    生産性や安全性、コストなどを考慮し、機械の種類や機能、配置などを決定します。
    CADソフトを使った3Dモデルの作成や詳細図面の作成も含まれます。

  4. 電気設計 建物や工場内の電気設備の設計を行います。
    主に、配電盤やコントロール盤、配線図などの図面を作成します。
    省エネや安全性、コストなどを考慮しながら、適切な設計を行います。

  5. 情報設計 IT分野において、システムやアプリケーションの設計を行います。
    ユーザーのニーズを汲み取り、UI/UXの設計や機能面、データ構造の設計を行います。

設計職に必要なスキルや資格は、専門的な知識や技術だけでなく、
コミュニケーションスキルやプロジェクトマネジメントの能力も求められます。


以下に、代表的なスキルや資格をいくつか紹介します。

  1. CADスキル 設計職には、CAD (Computer Aided Design) スキルが必須です。
    CADは、建築物や機械などの設計に用いられるコンピュータ支援設計の技術です。
    代表的なCADソフトウェアには、AutoCADやSolidWorksがあります。

  2. 3Dモデリングスキル 3Dモデリングスキルは、建築物や製品の詳細な設計を
    行う際に必要とされます。
    3Dモデリングは、CADソフトウェアを使って3Dモデルを作成することで、
    立体的なイメージを具体化することができます。

  3. コミュニケーションスキル 設計職では、クライアントやプロジェクトチームとの
    コミュニケーションが欠かせません。
    プロジェクトの要求や仕様、進捗状況などを適切に伝える能力が求められます。

  4. プロジェクトマネジメント能力 設計職は、プロジェクトマネジメントの能力が求められます。
    プロジェクトの予算、スケジュール、品質、リスクなどを管理し、
    問題解決能力を持って、スムーズなプロジェクト遂行を目指すことが求められます。

  5. 建築士、構造設計技術者、電気設備士、管工事施工管理技士、
    環境計画士などの資格 設計職においては、建築士、構造設計技術者、
    電気設備士、管工事施工管理技士、環境計画士などの資格が有利に働く場合があります。

    これらの資格を持っていることで、プロジェクトに対する理解が深まり、
    設計の精度や品質を高めることができます。

以上が、設計職に必要なスキルや資格の一例です。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. 内装仕上げ工事業とは?

  2. 足場工事業とは?

  3. 舗装工事業とは?

  4. 左官工事業とは?

  5. 板金工事業とは?

  6. 電気工事業とは?

SNSで随時情報更新中!