足場工事業とは?

足場工事業は、建物や構造物の外壁や屋根などの高所作業を行うために、
足場を組み立て、撤去する業務を行うことを指します。

足場は、高所での作業を支える安全な仮設構造物であり、建築物の
修繕・改修工事や新築工事などで必要不可欠なものです。

足場工事業者は、建築物の設計図面に基づき、足場の種類や組み立て方法、
撤去方法などを計画し、現場での施工を行います。



足場は、安全性が最も重要な要素であり、施工前に必ず安全性の確認を行い、
施工中も常に安全管理に配慮しながら作業を進めます。

足場工事業では、足場の種類によって必要となる技術や知識が異なります。
足場を組み立てる際には、使用する材料や機材の選定や取り扱いにも細心の注意が必要です。
一般的に使用される足場には、以下のような種類があります。

  1. 鋼製足場 鋼管を組み合わせて作られた足場で、高い強度と安定性が特徴です。
    建物の外壁の修繕や改修工事に使用されることが多く、屋根にも使用されます。
    組み立てや撤去には、特別な技術が必要であり、鋼管やカッターなどの工具を使用します。

  2. 木製足場 木材を組み合わせて作られた足場で、組み立てや撤去が容易であるため、
    修繕工事や改修工事に幅広く使用されます。
    木材には強度があり、人体に優しいという利点がありますが、耐用年数が短いため、
    定期的なメンテナンスが必要です。

  3. アルミ足場 アルミニウムを使用した足場で、組み立てや撤去が容易であること、
    軽量で取り扱いが簡単であることが特徴です。
    建物の内部や屋内での工事に使用されることが多く、非常に高い耐久性があります。

足場工事業者は、足場の組み立てだけでなく、足場の安全性確保、工事現場の安全管理、
資材の管理、運搬作業なども担当するため、幅広い知識が必要とされます。


さらに、現場での足場の組み立て、解体には、適切な足場の構造や、
足場を支える足場台や支柱の設置方法、安全ベルトの取り付け方法など、
正確かつ迅速に作業を行う技術が必要です。

足場工事業者は、建設現場での作業において、足場の崩壊や倒壊、足場上での転落事故を
未然に防止するために、足場の安全性を確保することが求められます。

また、足場の解体作業においては、周囲の安全確保や騒音・振動の低減、
廃材の処理なども含め、迅速かつ安全な作業を行うことが必要です。

また、足場工事は建築物の形状や高さ、使用する材料などによって異なるため、
柔軟かつ的確な判断力も必要です。

足場工事においては、足場の設置前には建築物の構造や形状、周囲の環境などを
十分に把握し、必要な対策を講じることが重要です。

また、足場は作業員の安全確保に直結するため、安全基準に適合した
設置や点検・メンテナンスが必要です。

適切な点検とメンテナンスを行うことで、足場の劣化や崩壊、
事故の発生を防ぐことができます。

さらに、足場工事においては、現場の安全管理や資材の管理、運搬作業なども
担当するため、コミュニケーション能力や計画性、細やかな気配りも必要とされます。

建築物の安全性や工事の進行に大きく影響するため、建築工事全体を支える
重要な業種の1つとなっています。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. 左官工事業とは?

  2. 設計職とは?

  3. 熱絶縁工事業とは?

  4. 内装仕上げ工事業とは?

  5. 石工事業とは?

  6. 防水工事業とは?

SNSで随時情報更新中!