鉄筋工事業とは?

鉄筋工事業とは、建築物や橋梁などの鉄筋コンクリート構造物の補強や
建設に必要な鉄筋の施工や加工を行う業種のことを指します。

鉄筋工事業者は、建築設計図面に基づいて、必要な長さや太さの鉄筋を
切断・曲げ・結束し、コンクリートの型枠内に設置していきます。

具体的には、以下のような業務を行います。

  1. 鉄筋の製作:建築物や橋梁などの設計図面に基づいて、必要な長さや太さの鉄筋をカットし、曲げ、加工して製作します。
  2. 鉄筋の結束:鉄筋を必要な位置に結束し、設計図面に基づいた形状になるように調整します。
    結束する際には、専用の結束線を使用して、鉄筋を締結させます。
  3. 鉄筋の設置:型枠内に設置する鉄筋の配置を設計図面に基づいて決定し、
    建築物や橋梁の形状に合わせて設置します。
  4. 鉄筋の接合:鉄筋同士を接合する必要がある場合には、
    専用の接合部材を使用して、接合します。

鉄筋工事業者は、鉄筋の加工や取り付け作業だけでなく、
安全管理や廃材の処理なども行います。

鉄筋の加工には、専用の加工機械や工具を使用し、
切断や曲げなどの作業を行います。

鉄筋工事業者は、建築図面を読み解いて鉄筋の設置場所や本数、
長さを計算し、鉄筋を加工して現場に運びます。

現場では、足場やクレーンを用いて鉄筋を設置し、コンクリートが硬化するまでの期間、
鉄筋を保持するための支保工を施工します。

また、鉄筋の設置にあたっては、施工現場の安全確保が必要です。

鉄筋工事業者は、足場や安全帯などの適切な安全対策を講じ、
作業員の安全を確保することが求められます。

さらに、鉄筋の品質管理にも細心の注意が払われ、鉄筋の曲げや切断などの
加工技術を熟知していることが重要です。


また、鉄筋の取り付けには、足場やはしご、安全帯などの安全器具を使用して、
作業員の安全を確保します。
さらに、廃材の処理には、適切な分別と処分が必要とされます。

鉄筋工事業者は、これらの作業において、熟練した技術と
高い安全意識を持つことが求められます。

鉄筋工事業は、建築物や橋梁などのインフラ整備に欠かせない業種であり、
建設需要の高まりに伴い、需要が増加しています。

近年では、建築物の高層化や大型化に伴い、鉄筋工事業者に対する
技術的な要求も高まっています。

特に、高層ビルや超高層ビルなどでは、耐震性や耐風性を担保するために、
鉄筋の設計や施工技術に対する高度な知識が必要となります。

鉄筋工事業者は、建築物の安全性を担保するために不可欠な業種であり、
高度な技術と知識を持ったプロフェッショナルとして求められています。

青森県建設土木業界の求人を探すならチカラコブへ!

積極採用企業掲載中!

チャンネル登録・フォローお願いします!

関連記事

  1. 塗装工事とは?

  2. 屋根工事業とは?

  3. 板金工事業とは?

  4. 消防施設工事業とは?

  5. 左官工事業とは?

  6. 管工事業とは?

SNSで随時情報更新中!