ずい道等の掘削等作業主任者について

■ずい道等の掘削等作業主任者とは

「ずい道等の掘削等作業主任者」は、日本における土木工事や建設現場において、地中の掘削やトンネル工事、地下空間の整備などの作業を監督し、安全な作業環境を確保する役割を担う資格です。


■ずい道等の掘削等作業主任者の資格

ずい道等の掘削等作業主任者とは、地中における掘削、トンネル工事、地下空間の整備など、地下での作業を監督・指導し、安全を確保する責任者としての資格です。この資格を持つことは、土木工事や建設現場での重要な役割を果たすために必要です。掘削やトンネル工事は高度な技術と安全対策が必要な作業であり、その作業現場での安全管理が求められます。

資格試験は地方自治体や労働局が実施しており、技能講習を受講することによって取得可能です。試験内容は、掘削やトンネル工事に関連する技術や安全管理に関する問題が含まれます。

資格を受けるためには、満18歳以上であることだけでなく、一定の実務経験や特定の学校や学科の卒業など、受講資格に関する要件が設けられています。そのため、まず最初に、自身が受講資格を持っているかどうかを確認しておくことが重要です。

ずい道等の掘削等作業主任者の活躍の場

ずい道等の掘削等作業主任者は、土木工事や建設現場で活躍します。
具体的な活動範囲には以下のようなものが含まれます。

  • 土木工事現場での掘削作業の安全監督と指導
  • トンネル工事現場での地下空間の整備と監督
  • 地下道路や地下施設の建設プロジェクトでの管理と安全確保
  • 地中における設備の修理や保守作業の監督

この資格を持つことは、地中での作業における安全性と品質を確保するために重要な役割を果たします。

ずい道等の掘削等作業主任者情報サイト

https://www.kensaibou.or.jp/seminar/branch018.html?page=1

関連記事

  1. 管工事施工管理技士について

  2. 鉄骨製作管理技術者について

  3. 地質調査技士について

  4. 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者について

  5. 建設機械施工技士について

  6. 下水道技術検定について

SNSで随時情報更新中!