インテリアプランナーについて

インテリアプランナーとは


インテリアプランナーは、室内空間のデザインや配置、家具や素材の選定などを専門的に計画し、提案する専門家のことを指します。住宅、オフィス、商業施設、ホテル、レストランなど、さまざまなタイプの室内空間に関わるプロフェッショナルです。


インテリアプランナーの主な仕事内容


  1. デザインプランニング: クライアントのニーズや要望に基づいて、室内空間のデザインプランを立案します。色彩、素材、家具の配置、照明などの要素を組み合わせて、バランスの取れたデザインを創り出します。

  2. 素材選定: 適切な素材を選ぶことは、室内デザインの成功に欠かせません。床材、壁材、カウンタートップなど、空間のスタイルや機能に合わせて素材を選定します。

  3. 家具配置: 家具の配置は、室内空間の使い勝手や流れに大きな影響を与えます。インテリアプランナーは、家具の配置を最適化し、空間を効果的に活用できるように計画します。

  4. 照明計画: 照明は雰囲気や空間全体の印象を大きく左右します。インテリアプランナーは、適切な照明の選定と配置を行い、室内の明るさと雰囲気を調整します。

  5. 予算管理: クライアントの予算に合ったプランを提案することもインテリアプランナーの重要な役割です。適切な素材や家具を選びながら、コストを管理します。

  6. プロジェクト管理: 実際の実施段階では、施工業者や関連する専門家と連携し、プロジェクトを遂行します。工程管理や問題の解決も担当します。

インテリアプランナーは、美的な観点だけでなく、機能性や快適性、安全性も考慮してデザインを進める必要があります。クライアントの要望やニーズを理解し、それを実現するための専門知識やスキルを駆使して、魅力的で実用的な室内空間を創り出す役割を果たします。


インテリアプランナー資格


インテリアプランナーは、建築士、建築設備士を主催する公益財団法人 建築技術教育普及センターが取り扱っている資格試験のひとつです。平成28年度から制度が変更となり原則、学科試験に合格した者が設計製図の試験を受けられるようになり、この設計製図試験に合格した者が登録をすることで「インテリアプランナー」の称号を得ることができるようになりました。



■インテリアプランナーの活躍の場



インテリアプランナーはさまざまな活躍の場を持っています。彼らは室内空間のデザインや計画に関する専門知識を活用し、様々な分野で重要な役割を果たします。以下に、インテリアプランナーが活躍する主な場面をいくつか挙げてみましょう:

  1. 住宅設計: 住宅のインテリアプランニングは、家庭の生活スタイルやニーズに合わせて室内空間をデザインする重要な要素です。インテリアプランナーは、リビングルーム、キッチン、寝室、バスルームなど、各部屋のデザインや配置を計画し、快適な居住空間を創り出します。

  2. 商業施設: オフィス、商店、レストラン、ホテルなどの商業施設においても、インテリアプランナーは重要な役割を果たします。効率的な作業環境や魅力的な店内、快適なホテル客室など、商業施設の設計とデザインに関与します。

  3. リノベーションプロジェクト: 既存の建物をリノベーションする際にも、インテリアプランナーは必要です。古い建物を現代的なスタイルにアップデートするためのデザインや配置の提案を行います。

  4. 不動産開発: 不動産開発プロジェクトでは、新築住宅やコンドミニアムのインテリアデザインやプランニングが重要です。購買意欲を高めるための魅力的な室内空間を創造する役割があります。

  5. イベントデザイン: 展示会、イベント、セミナーなどの場面でも、インテリアプランナーは空間のデザインや配置を担当します。来場者や参加者の体験を向上させるための設計を行います。

  6. ヘルスケア施設: 病院やクリニックの設計では、清潔感や快適性を考慮したデザインが重要です。インテリアプランナーは、医療機関内の患者やスタッフの動線や快適な待合室の設計を行います。

  7. 教育施設: 学校や大学の教室、図書館、カフェテリアなど、教育施設の室内デザインもインテリアプランナーによって計画されます。生徒や教職員の学習や作業環境を向上させることが目的です。

これらは一部の例であり、実際にはさまざまな場面でインテリアプランナーが活躍しています。クライアントの要望やニーズを理解し、美的要素と機能性を結びつけて魅力的な室内空間を創り出すことに注力します。



インテリアプランナーの情報サイト

https://www.jaeic.or.jp/smph/shiken/ip/index.html

関連記事

  1. 砂利採取業務主任者について

  2. 巻上げ機運転者について

  3. 商業施設士について

  4. 測量士について

  5. 鋼橋架設等作業主任者について

  6. 空間情報総括監理技術者について

SNSで随時情報更新中!