ガス消費機器設置工事監督者について

ガス消費機器設置工事監督者とは

ガス消費機器設置工事監督者は、ガス消費機器(ガスコンロ、ガス給湯器、ガス温水器など)の
設置工事を監督・管理する役職です。

日本では、ガスの取り扱いには法律や規制があり、安全な設置と使用が求められています。
それらの規制に従い、適切なガス機器設置が行われるよう監督するのが役割です。


ガス消費機器設置工事監督者の主な仕事内容

  1. 工事計画の立案: ガス消費機器の設置工事において、具体的な計画を立てます。設置箇所の確認や設備の選定、必要な材料や機器の手配などを行います。

  2. 工事現場の監督: 実際の工事現場で作業が適切に進行しているかを監督します。安全な施工が行われるように工事スタッフと連携し、必要に応じて指示やアドバイスを提供します。

  3. 法規制の遵守: ガス設置工事は法律や規制に基づいて行われる必要があります。監督者はこれらの法規制を遵守するように徹底し、安全な設置を保証します。

  4. 安全管理: ガスは取り扱いに注意が必要な危険物です。監督者は安全管理に重点を置き、ガス漏れや事故の防止策を確保します。

  5. 報告と記録: 工事の進捗状況や問題点、安全対策などについて報告書を作成し、上司や関係機関に提出します。また、工事に関する記録を適切に管理します。

  6. 調査と対応: 問題やトラブルが発生した場合には原因を調査し、適切な対応策を立案します。安全性や効率性の向上に向けた改善策も検討します。

  7. 職人の指導: 工事スタッフが適切な技術を持ち、作業に慣れているかを確認し、必要ならば技術の向上のために指導やトレーニングを行います。


ガス消費機器設置工事監督者の資格

ガガス消費機器設置工事監督者は、風呂釜や湯沸器などにおいて「特定ガス消費機器」に認定されている災害発生リスクが高い機器を設置および変更する場合、工事を監督または施工するために必要になる国家資格です。2日間の講習で取得できます。

「液化石油ガス設備士」の有資格者は講習不要、「管工事施工管理技士」や「製造保安責任者及び販売主任者」「ガス主任技術者」の有資格者は認定講習(1日~1日半)で取得することができます。

■ガス消費機器設置工事監督者の活躍の場

ガス消費機器設置工事監督者の資格は、以下のような場所や職種で生かすことができます。

  1. ガス事業者: ガス消費機器設置工事監督者は、ガス機器の設置工事を監督・管理する役割を担い、安全かつ適切な設置を保証します。

  2. 建築会社・設備業者: 建物や施設の建築工事において、ガス消費機器の設置が必要となることがあります。このような場合、ガス消費機器設置工事監督者は設備の適切な設置を監督し、安全性を確保します。

  3. 政府機関・公共施設: 政府機関や公共施設においても、ガス消費機器の設置が必要となることがあります。監督者の役割は、公共施設のガス設備の適切な設置や保守を担うことになります。

  4. ガス機器製造・販売会社: ガス機器の製造・販売を行う企業では、顧客に対してガス機器の設置サービスを提供する場合があります。ここで監督者は、設置作業の安全性と品質を確保する重要なポジションとなります。

  5. 建築コンサルタント: 建築コンサルタント会社では、設計段階からガス機器の設置に関するアドバイスを行う場合があります。ガス消費機器設置工事監督者は、安全性や規制順守などの観点からコンサルティングを提供します。

  6. 自営業: ガス消費機器設置工事監督者は、自身が独立してガス機器設置サービスを提供することも可能です。この場合、信頼性や専門性を示すことが重要です。

ガス消費機器設置工事監督者の資格を持つことで、ガス機器の設置や安全管理において専門知識とスキルを活かすことができます。

安全性が重要視されるガス設備の分野で活躍することができるため、需要のある職種と言えるでしょう。

ガス消費機器設置工事監督者試験に関する情報サイト

https://www.jia-page.or.jp/seminars/tokkan/

関連記事

  1. 建築設備検査員について

  2. エクステリアプランナーについて

  3. 舗装施工管理技術者について

  4. 建築積算士について

  5. 木造建築士について

  6. 高所作業車運転者について

SNSで随時情報更新中!