石綿作業主任者について

石綿作業主任者とは

石綿作業主任者は、石綿という有害な物質を取り扱う作業現場において、安全かつ適切な作業環境を確保するための責任を持つ役職です。

石綿は過去に建材や断熱材などとして広く使用されていましたが、その後の研究により石綿が健康に有害であることが明らかになりました。石綿を吸入することで、重篤な呼吸器疾患やがんなどの健康リスクが高まることが分かっています。

石綿作業主任者の主な仕事内容

  1. 安全計画の策定: 石綿作業主任者は、作業現場での石綿関連の作業に関する安全計画を策定します。これには、作業手順の確立、必要な防護具や装置の提供、適切な作業スペースの確保などが含まれます。

  2. 作業員の指導: 作業主任者は、作業員に対して石綿を取り扱う際の適切な作業方法や防護対策について指導します。作業員が適切な手順を守ることで、健康リスクを最小限に抑えることができます。

  3. 監督と監査: 作業現場での作業状況を監督し、安全基準が守られているかどうかを確認します。定期的な監査や検査を行い、問題があればそれを解決する手段を講じます。

  4. 防護具と装置の管理: 石綿作業に際して必要な防護具や装置の提供と管理を行います。これには、適切な呼吸保護具や防護服などが含まれます。

  5. 書類作成と報告: 作業主任者は、作業関連の書類や報告を作成し、必要な機関に提出します。これには、作業計画、作業報告、安全検査結果などが含まれます。

石綿作業主任者は、石綿の有害性に関する知識を持ち、その知識を基に作業員の安全を確保する重要な役割を果たします。

石綿作業員の資格


石綿作業主任者の資格は、日本国内で石綿を取り扱う作業現場において、
安全な作業環境を確保するために必要な資格です。

石綿作業主任者は、講習を受講するだけで取得できる国家資格です。
講習の内容は専門性の高いものですが、専門知識がない方でも丁寧に教えてもらえるので学びながら資格を取得できます。

この資格は各都道府県労働局安全課または労働基準協会連合会が実施する2日間の講習と修了考査により取得できます。講習は18歳以上であれば、学歴や実務経験などの条件なしで受けられるため取得しやすい資格です。

石綿作業主任者の活躍の場

石綿作業主任者は、主に石綿を含む材料を取り扱う作業現場で活躍する役割を担います。

  1. 建築業界: 石綿は過去に建材や断熱材として広く使用されていました。既存の建物の改修や解体作業において、石綿作業主任者は作業員の安全確保と適切な作業手順の監督を行います。

  2. 工業施設: 工業施設や工場内で石綿を含む材料を扱う場合、作業主任者は作業員に対して適切な防護具の着用や作業手順の指導を行い、作業環境の安全を確保します。

  3. 解体業: 石綿を含む建物や施設の解体作業では、石綿作業主任者が石綿の取り扱いや処理方法の計画を立て、作業員の安全を保つ役割を果たします。

  4. 石綿除去業: 石綿が使用されていた場所や材料からの石綿の除去作業では、作業主任者が適切な除去手順を指導し、石綿の拡散を防ぎながら作業を進行させます。
  5. 施設管理: 石綿が使用されている建物や施設の管理者として、石綿作業主任者は作業員の安全確保や石綿関連の法規制の遵守を監督し、適切な維持管理を行います。

  6. 政府機関やコンサルティング: 石綿作業主任者は、政府機関や安全コンサルティング企業などでも活躍することがあります。彼らは石綿の健康影響や安全対策に関する専門知識を提供し、関連する業務に従事します。

石綿作業主任者は、石綿の有害性に関する知識を持ち、作業員の健康と安全を確保するために不可欠な存在です。彼らの活躍によって、石綿を取り扱う作業現場でのリスクが最小限に抑えられ、作業環境が改善されます。

石綿作業主任者情報サイト

https://www.kensaibou.or.jp/seminar/branch009.html?page=1

関連記事

  1. 木造建築士について

  2. 建築積算士について

  3. 照明コンサルタントについて

  4. 空間情報総括監理技術者について

  5. 赤外線建物診断技能師について

  6. コンクリート診断士について

SNSで随時情報更新中!